SSブログ

bigbangのtopの裸と半袖や肌見せ

 bigbangのジヨンやtopたちと韓流を愛する話 

bigbangのtopの裸と半袖や肌見せ [top]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はbigbangのtopの裸と半袖や肌見せについて迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はbigbangのtopの裸、半袖や肌見せの話題ですが、長きに渡って神秘のベールに包まれてきております。

しかし14年の秋の映画タチャ2において、その裸の肌見せを披露した事は有名ですね。

今回いろいろと触れる中でも頑なに裸の肌見せどころか半袖にもなろうとしなかったbigbangのtop、この映画での裸の肌見せは確かに圧倒的な価値がございますね。

上半身の裸の肌見せで、一部のシーンなのですが、ペンは皆目を見張っております。

topと言えば、半袖や肌見せ、メンバーにも裸をさらした事のない方としてずっと有名でした。

そのような方がこうして公の場で多くの方の目の中撮影や公開に向けて裸の肌見せをしたという事自体がかなり大きな話題性ですよね。

実際にやはり当の本人のtopは、この裸の肌見せについての抵抗感をコメントしております。

自分は病的に半袖など肌見せが嫌いだと言う事も語り、ペンがこの事でショックを受けているようだが自分もだと気の利いたコメントも残してくださりました。

しかし、やはりtopにとってはただの笑い話ではなく、ここまで徹底して半袖にもならないで来たのですから、精神的に大きな葛藤があったのは間違いありません。

topのこの病的なまでの裸の肌見せを嫌う性格は、ただどちらかと言えば嫌、などのレベルのものでは本当にありませんね。

bigbangのtopの裸と半袖肌見せ.png

13年の頃、スンリが八年間かけても一度たりとも裸の肌さらしをしていないと言ったのは驚きでした。

まあペンの手前恥ずかしいのはまだわかりますが、同性の、しかもメンバーという最も距離の近い方々にも秘密とは。

そのようにするからこそますますtopの脱いだ姿は興味をそそってしまうのですね。

しかもこの時のスンリの言葉では他に、ライブでも唯一専用のブースで着替えているという情報も入り、世界中のアイドルを探してもそうはいないであろう、真の裸の肌見せに対する潔癖がある事が証明されたtop。

なぜここまで嫌うのか、半袖にすらならないのか、その真相はなかなか半袖にすらならないtop自身のみの知る所ですが、かえって魅力を引き立てる役を買っている点は結果オーライだと思えばいいのでしょうか。

しかも、こうまでして半袖にもならずに守っている裸の肌見せですが、タチャ2で実際に見ても、明らかに素晴らしい裸の肌さらしであり、そもそも控える理由がわかりません。

まあヨンベのようにパフォーマンスの一部にするような所までは行かなくていいので、せめて普通にみんなが半袖になっている時にはすんあり半袖になったり、ちょっと裸の肌見せをするべきなタイミングではしてくれても、こちらは全く問題ないですよね。

彼はこの半袖や裸の肌さらしの話題に限らず、こだわりが強い所もありますので、性格上の納得はできますが。

ちなみにインタビューにおいて、なぜ半袖にならないのか、裸の肌見せがないのか、といった質問には、汗かきで、汗をかくのが好きだから半袖にならないでいる、単純に肌見せが恥ずかしい、といった返しをしているようです。

毛深いわけでもなく、単に体が触れるのが嫌といった答えも。上記のスンリの話の続きですが、半袖にもならない理由を聞きますと、はぐらかされると言います。

bigbangのtopの裸と半袖や肌見せ.jpg

また、メンバーで海に行ってもスーツやレザージャケットでいて、ここまで来ますと本当に病的な裸の肌見せ嫌いと言えますね。

スンリがこの彼があまりに裸の肌見せをしない点に、乳首が三つほどあるのではと面白い冗談を言っていて、この話題も強烈なのでよく言われるほどに残っておりますね。

まあもとから冗談ですが、彼が裸の肌見せをしない理由はそこではございません。

ちなみにメンバーで言えば、さすがのジヨンはtopの裸の肌見せを見た事があるようで、その感想として、男ながらいやらしかったなどとしており、かなりの高評価なのです。

そうなのですよね、誰の評価も高いtopの半袖や裸だからこそ、ここまで頑なに拒むのが疑問なのです。

それを無理に見せるべきとは言いませんが、見せても本当に何の問題もございません。

だからこそペンとしては、彼が完璧主義者で、人に見せられるほどのものではないと、いい肉体を作っているにも関わらず思っているという指摘もあるようです。

確かにもともと実力はあるのに自分推しをしないかなり謙虚な性格ですので、それで半袖も見せませんし、増してや裸の肌見せをしてどうだ、とはしたくないのかもしれません。

ところが、12年の頃の話題で、トレーニングの後に身体を触ってみてほしいと言ってくるといった話題もあり、気分屋なのもあるのでしょうね。
[スポンサーリンク]


まあ裸を肌見せするのと、ただ触ってもらうのも違いますし、こだわりでしょうか。topが役者としても大きな才能を持っているのは有名ですが、その裸の肌見せへの大きなこだわりを感じる事が、はじめにご紹介しましたタチャ2での話でもうかがえました。

彼はきちんとこの映画の役柄に入るために、それ用の裸を作ったというのです。

それが、漫画の方で見ると痩せている人物なので、腕と肩をあえて鍛えず、小柄でいて痩せ型の人物になるようにしたそうです。

単に鍛えていくだけではない辺り、本当にさすがですよね。それでもやはり裸の肌見せは気になるようで、半裸になるにあたっては叫んだりもしたほどに恥ずかしかったそうです。

それでも仕事は仕事、見事に裸の肌見せをやり遂げた彼に拍手をおくりたいです。

彼の半袖などの話題を振り返りますと、思えば逆にデビュー当初は半袖のシーンなどもあったりしたのですよね。

半袖どころか、パフォーマンスとして腹筋をちらっと見せたり、そういった場面もあったと思います。

元々肥満だった過去もございますし、半袖だとしてもあまり見られたり、触られたくない習慣があるのは間違いないでしょう。

まあ当初の頃はメンバーの空気や上の意向に反抗するわけにもいかないでしょうし、嫌でも半袖になったりするしかなかったのかもしれません。

bigbangのtop裸と半袖や肌見せ.jpg

それでも半袖などもきっぱりしなくなった所をみますと、この当初からも何かbigbangのtopが嫌な思いをした事もあったのかもしれませんよね。

ここまで美形で、しかも半袖になっても脱いでもいけるのに、それでも半袖すら嫌なbigbangのtop。

これでは繰り返しますように、余計にtopの半袖などには興味がわいてしまいます。

そう言えば、そもそも恋愛などの浮いた話もないtop。ここまで圧倒的にイケメンで人気もあるのに、そこがおしとやかなのも珍しいですよね。

あまり人と関わるよりは、かつて一人でお酒を飲んで過ごすのがいいと語った事などもありますが、個人的な世界を大事にしているのですよね。

そして、これも繰り返しますようですが、だからこそペンとしては余計にtopの中に入り込みたくなってしまいます。

topはここまでずっと世の中を盛り上げてはきてくださりましたが、まだまだ謎が多い人物です。

この謎と神秘に満ちたtop、だからこそ半袖にもなろうとしない所なども、絵になりますよね。

これはtopの立派な魅力の一つなのです。ペンとしては暴きたくなる衝動が出てもきますが、これだからtopという魅力、それもこれからもずっと大切にすべきものなのかもしれません。

もちろん、この先も何かをきっかけにtopが脱いだりする可能性も充分にございますので、ぜひいろいろとこれからのtopを好きなように楽しんでいきましょう。

さて、本日はbigbangのtopの裸と半袖や肌見せについて書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。